Z世代コンサルティングシステム「BPL+」
Z世代コンサルティングシステム「BPL+」
業務フローをデータ化し、課題発生原因と改善策を自動で提供します

課題要因と原因

業務フローから課題要因と要因の発生原因を発見します。

→課題要因・原因発見機能の詳細はこちら

対策立案

お客様の予算や目標時期に合わせて原因にあった対策の立案します。

→対策機能の詳細はこちら

新業務フローの生成

対策後の新業務フローの生成を行います。

→新業務フローの生成機能の詳細はこちら

  • Step1

    クラスタタイプ分析

    シリアライズ化された業務フロー図をBPL+にインプットし、QCDF分析をおこなう

  • Step2

    課題要因プロット

    業務フローを確認し、課題要因を確認する

  • Step3

    タイトル

    コンテンツ

  • Step4

    タイトル

    コンテンツ

クラスタタイプ分析

業務フローのQCDF分析をおこない、課題発生率をグラフ化します

シリアライズされた業務フローデータを入力し、BPL+が解析します

課題要因プロット

簡易業務フローが表示され、業務のばらつきを確認します

業務フロー上の課題がプロットされます

クラスタタイプ分析
Cluster Type Analysis

シリアライズされた業務フローデータを入力し、業務フローのQCDF分析をおこなうことで、課題発生率をグラフとして可視化します。

課題要因プロット
Problems Plot

業務フロー上の課題がプロットされ、業務におけるばらつきが表現されます。

「BPL+」の特徴

予算にあわせて

対策立案の条件に「予算」を設定することで、
今できる最善策をシステムが提供します。

課題要因と原因

BPL+のデータをクラウド上で
統計データベースとして蓄積することで、活用するほど、より良い解決策を提供できます。

開発者が語るBPL+

BPL+の特徴とは?

業務フローデータを座標化

統計データとして活用することで

すべてを導き出す

発明のきっかけは?

健康診断の帰り道

業務フローをレントゲンに例えたら

未然に対策が打てるかも・・・

記憶に残っていることは?

壁に業務フロー図を貼りまくって

もしかしたら

パターンがあるのかも・・・

※ローンチに伴い、システム名称をBPL+に変更しています

発明者に聞くBPR+

BPR+の特徴とは?

業務フローデータを座標化

統計データとして活用することで

すべてを導き出す

発明のきっかけは?

健康診断の帰り道

業務フローをレントゲンに例えたら

未然に対策が打てるかも・・・

発明のきっかけは?

健康診断の帰り道

業務フローをレントゲンに例えたら

未然に対策が打てるかも・・・

記憶に残っていることは?

壁に業務フロー図を貼りまくって

もしかしたら

パターンがあるのかも・・・

課題要因

業務フローの傾向から見つける

業務フローの形、業務の必要工数など、様々な情報から、業務フローを分析し、
・業務フロー上に発生している課題要因
・要因が発生してしまう原因
を発見します。

対策立案

複数条件から最適な対策案を提供

原因の他にコストや対策時期など
お客様会社独自の条件も考慮した対策案を提供します。
そのため、理想論ではなく、
実行力のある対策案をご提示できます。

新業務フローの生成

対策案も盛り込んだ新業務フロー生成

対策実行後の新業務フローを生成します。
仮説効果の検証や対策実行時の業務担当者への認識合わせなどのフォローにもご活用いただけます。

サービスに関するご相談

専門スタッフがアドバイスさせていただきます。